賃貸事務所ログ

ブログblog

チェックできていますか?名古屋でオフィスを移転するときの注意事項

チェックできていますか?名古屋でオフィスを移転するときの注意事項

様々な理由や目的で行われるオフィス移転。

移転先のオフィスを選んでいる真っ最中という方もいらっしゃると思います。

しかし、オフィスを移転する際には注意しなければならないことが多数あるのをご存知ですか?

今回は、名古屋でオフィスを移転する際の注意事項を紹介します。

スムーズにオフィス移転を進めるためにも、担当者は必見の内容です。

 

名古屋オフィス移転で注意しなければならないポイントとは?

事前の確認事項

オフィス 契約書

オフィス移転を行う前に確認しておきたいことがいくつかあります。

まずは、現在使用しているオフィスを解約する必要があります。

解約するにはあらかじめ予告をする必要があり、遅くて3ヶ月、早いところでは半年以上前に解約予告をする必要があります。

無駄なコストを出さないためにも、移転するタイミングで解約できるよう契約状況を確認し、必要な手続きや書類について下調べをしておきましょう。

次に、移転することは早いうちにしっかりと社員に伝えることが重要です。

社員の通勤に大きく関わることですので、移転先のオフィスが決定したらすぐに伝えましょう。

また、移転先のオフィスはその場所でいいのか、社員の意見を仰ぐのも一つの手段です。

意見の相違や不満が出ないように事前に話す機会を設けることをおすすめします。

そして忘れず行いたいのが、新しいオフィスでのレイアウトも決めておくことです。

いざ移転したものの、どこに何を配置してどのように働くかを決めておかなければ業務に支障が出ることも。

レイアウトを決めておくことで、荷物の移動もスムーズに行うことができます。

 

手続きと工事

オフィスの契約以外にも、たくさんの手続きをしなければなりません。

電気回線やセキュリティ少し時間がかかる手続きも予想できます。移転する日程から逆算をして、効率よく工事や手続きを進めていかなければなりません。

更に、オフィスを去る時には、「原状回復工事」を行う必要があります。

原状回復工事は、オフィスを借りる前の状態に戻してから明け渡すための動きです。

まずは、どの手続きにどの程度の時間が必要であるかを確認し、スケジュールを組み立てることをおすすめします。

 

移転をする理由

最も重要だとも言えるのが「なぜ移転するのか」という目的を明確化させておくことです。

社員への通知の際にもこの理由の部分は必要になりますし、移転先のオフィスを選ぶ基準にもなります。

  • 社員数増加のため
  • 現在のオフィスの老朽化のため
  • 業務拡大を目指して

理由は様々ですが、目的に合ったオフィスを探すには必要不可欠な要素です。

 

名古屋でオフィス移転をお考えの方へ

名古屋でのオフィス移転での注意事項をご紹介しました。

主に、移転に着手するまでの手続きは時間がかかるややこしい部分であると言えるでしょう。

各部署や担当者と連絡を取りながらの移転手続きになりますので、漏れがないよう細心の注意を払わなければなりません。

名古屋でのオフィス移転で少しでもお困りのことがあれば、ぜひご相談ください。

名古屋の賃貸オフィスのプロに相談してみる

 

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。