賃貸事務所ログ

ブログblog

名古屋で事務所を探す時に知っておきたい!敷金・礼金の見方

名古屋で事務所を探す時に知っておきたい!敷金・礼金の見方

誰でも一度は聞いたことのある敷金・礼金という言葉。

自宅用のマンションやアパートの賃貸契約を結ぶ際によく耳にしますが、事務所の賃貸契約にも使われています。

目に触れる機会の多い反面、敷金・礼金の見方を理解している人はそう多くないのではないでしょうか。

パッと目についた敷金・礼金の値段が高い物件は避けていませんか?

敷金・礼金、賃料と一体どのぐらいの予算がかかるのかわからない方はいらっしゃいませんか?

今回は、敷金・礼金の詳しい見方と高い場合と安い場合の双方のメリットデメリットをご紹介していきたいと思います。

敷金・礼金はこう見る!

敷金・礼金

「敷金」は、賃貸契約を締結するにあたり支払うお金で、賃貸料金の滞納リスクや事務所に何らかの損害が発生した時のために、物件の持ち主に預けておく保証金のことを指します。

もし賃貸していた事務所に何らかの損害を生んでしまった場合、敷金から補修費が賄われます。

賃貸の契約期間を終えて、修理や修繕が必要ない場合は、支払ったお金は戻ってきます。

「礼金」は不動産の所有者に対して、謝礼金として支払っていた慣習の名残です。

部屋(事務所)を貸してくれたことに対する感謝の意味を込めて支払うもので、手元には戻ってきません。

昨今は不動産業者に広告宣伝費として流れることが多いようです。

では、この敷金・礼金は物件によって様々ですが、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。

敷金・礼金が安い事務所は必ずしもお得だとは言えない場合もあります。

敷金を見る時の注意点

敷金が安い 敷金が高い
メリット 初期費用の大幅カット メンテナンス等の費用が不要で余剰分は返金される
デメリット 退去時のメンテナンス等で費用が発生 初期費用が高くなり見積もりが立てにくい

敷金が安いからと言って、全体の費用が安くなるとは限りません。

その分、退去時や補修・修繕の際に別途費用が発生してしまう可能性もあります。

毎月かかる費用を計算しながら長い目で見て予算を組む必要がありそうですね。

礼金を見る時の注意点

礼金が安い 礼金が高い
メリット 初期費用の大幅カット 不動産所有者との良好な関係づくり
デメリット 毎月の賃料が高く設定されている可能性がある 初期費用の高騰

礼金は習慣から制度になっている場合が多くなります。

こちらは敷金と違い返ってくることが無いお金ですので、初期費用として計上できるかどうかを判断する必要があります。

経営状況に合わせた選択を

経営状況

敷金・礼金に関しては、安いか高いかどちらがお得であるかを完全に言い切ることはできません。

双方にはメリットもデメリットも存在しています。

初期費用をなるべく抑えた事務所探しをするのか、長く入居することを見据えて予算を組むのかは会社によって変わってきます。

会社の経営状況に合わせて、何を重視するのかによって事務所を選ばれることをおすすめします。

名古屋の事務所探し、敷金礼金などでお困りの際はぜひ一度ご相談ください。

お問い合わせはこちら

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。