賃貸事務所ログ

ブログblog

知らないと経費が無駄に?名古屋でオフィス移転するのにぴったりな時期とは

知らないと経費が無駄に?名古屋でオフィス移転するのにぴったりな時期とは

名古屋でオフィス移転をお考えの皆様。

移転はいつしてもいいと思っていませんか?

ですが実際には、移転におすすめの時期というのが、年に2回存在するのです。

これを知らなければ、貴社の経費が無駄になってしまうかもしれません。

オフィス移転が増える時期がある?

オフィス移転 名古屋05

実は、不動産業界にも繁忙期と言われる時期があり、オフィス移転が集中的に行われる時期があります。

それは、3月と10月、この2つです。

3月は年度の、10月は上半期の終わりを意味します。

どの企業もその時期には半期ないし年度の決算を行います。

その時期に浮上したコストやその他の問題を解決すべく、オフィス移転を行うのです。

前年度の決算後に移転を検討し、1年後に完了させるケースが多いようですが、いずれにしろ3月10月に移転が増加することには変わりません。

物件が多く出てくる時期 一方で…

上で述べたように、3月と10月がオフィス移転が増加する時期です。

移転を行う企業が多いということは、当然、空きが出る物件の数も多くなるということです。

今まで満室になっていたいい物件も、もしかするとこの時期には空きが出ているのかもしれません。

一方で、不動産業者や引っ越し業者にとっては、移転の数が多くなればなるほど仕事が増えていき、いわゆる繁忙期に突入します。

これは引っ越しに限った話ではありません。

例えば、旅行業者でも、GWやお盆、年末年始などは繁忙期として通常より多くの旅行代金を徴収しています。

同様の事案がオフィス移転にも発生してきます。

移転の際にかかる所費がその他の時期よりも多くかかってしまう可能性もあるのです。

物件数が少ないと起こってしまうこと

とはいえ、移転可能なオフィスの絶対数が少ないようでは、効果的な移転にすることができない可能性もあります。

条件にぴったりと合う物件が見つかるまで時期をみることができるのか、それとも今すぐ急を要しての移転であるのかを考慮しながら時期を決めるべきだと言えるでしょう。

名古屋で事務所を探す時に知っておきたい!敷金・礼金の見方

移転にピッタリな時期とは?

オフィス移転 時期

ここまで、名古屋のオフィス移転において、繁忙期とそれ以外の時期にするメリットとデメリットをお伝えしてきました。

この時期がオススメ!と、言い切ることは、実は不可能なのです。

時期は気にせずじっくりとオフィスを探すのか、経費削減を考慮した時期に移転をするのか、どちらを選ぶのかは企業次第です。

メリット、デメリットを考慮しながら、貴社のタイミングで移転を行うべきでしょう。

移転したいと思った時が、移転すべき時、なのかもしれません。

【必読】名古屋の賃貸事務所・オフィスの探し方マニュアル

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。