賃貸事務所ログ

ブログblog

名古屋一快適なオフィスを作るたった3つの方法

名古屋一快適なオフィスを作るたった3つの方法

オフィス空間。

それは、社員が仕事を行う場所であり一日の中でも長い時間を過ごす場所です。

その快適さは業務の効率化、生産性の向上に密接に関わってくることでしょう。

今回は、名古屋でオフィス移転をお考えの皆様にお伝えしたい、移転後のオフィスを快適にする、3つの方法をお伝えします。

オフィスを快適に

快適なオフィス01

冒頭にもお伝えしましたが、オフィス空間が快適であれば、それだけで社員のモチベーションも向上し、結果的に業務の効率化や生産性のアップが期待できます。

しかしながら、「快適さ」と言ってもあまりに漠然としています。

そもそものスペースの問題なのか、レイアウトの問題なのか、はたまたデザインの問題なのか。

「快適さ」を求めるにしても、実際には何をどうすればいいのかがいまいちピンと来ないという方も多いはずです。

そのためにも、名古屋でオフィス移転をお考えの皆様に、今回の3つのポイントをお読みいただきたいのです。

チェックできていますか?名古屋でオフィスを移転するときの注意事項

 

快適なオフィスをつくる3つの方法

1.業務をし易い環境を作ること

快適なオフィス02

まずはタイトルを広く提示しましたが、仕事場である以上は仕事がし易く業務に支障が無いことが前提です。

例えば、一人当たりの面積は、理想とされている8.55㎡を確保できているのか。

オフィスにおける机とそれ以外の比率は6:4の黄金比を守ることができているのかといった、スペースに関する事項。

また、電源やWi-Fiといった情報環境の状況や、オフィスやお手洗いの清潔さなど、設備に関する事項。

これらを総合した、仕事のし易さを検討します。

 

2.コミュニケーションを円滑化すること

快適なオフィス03

2つ目は社員のコミュニケーションについてです。

仕事を推し進めるうえで必要不可欠となる、社員間のコミュニケーション。

そこに障壁があっては、仕事がうまく進まず、社員もストレスを感じてしまいます。

例えば梁の無い物件にオフィスを構え、社員の顔を見渡すことができるように工夫する。

フロアの配置や家具のレイアウトを話し合いがしやすい形に工夫するなど細かな配慮が日々の業務に影響します。

 

3.アクセスを改善すること

さて、最後の3つ目はオフィスの立地に関する問題です。

中部地方最大の都市名古屋では、ビジネスパーソンのほとんどが電車通勤を選択しています。

そのため、名古屋市内の電車は混雑を極め、そもそも通勤時間自体をストレスと感じてしまうことでしょう。

にもかかわらず、更に駅から長い距離を歩く必要があるというのでは、出社の時点で相当なストレスを抱えているという状況になってしまいかねません。

このような事態を避けるためにも、名古屋駅周辺や名古屋市街中心部にオフィスを構えるなど、アクセス面での快適さも考慮しなければなりません。

雨の日も嬉しい!通勤に便利な名古屋・丸の内周辺の賃貸事務所3選

 

3つのポイントを網羅し、名古屋一のオフィスに

今回は移転先のオフィスを快適にする、たった3つの方法をご紹介しました。

せっかくのオフィス移転なのですから、社員全員が満足するオフィスを目指しましょう。

今回ご紹介した3つの方法を実践すれば、名古屋一快適なオフィスが完成するかもしれません。

オフィスバンクへのお問い合わせはこちら

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。