賃貸事務所ログ

ブログblog

事務所のお悩み解決!内装を決める時に気を付けたいポイントとは?

事務所のお悩み解決!内装を決める時に気を付けたいポイントとは?

事務所移転をする際に必ず考えなければならないのが、内装です。

内装だけでも社員のモチベーションには変化が生じ、働きやすい環境であれば業務の効率化も望むことができるでしょう。

今回はそんな内装について、決定時に気を付けたいポイントをご紹介します。

内装を決めるときに気を付けたいポイント

内装は事務所移転という機会でもなければそうそう変えられるものではありません。

逆を言えば、事務所移転の時こそ、内装を変えるチャンスなのです。

目的を決める

内装を決めるときにまず考えなければならないのは、目的です。

これは、事務所移転の目的とも関連してきます。

例えば、事務所移転の目的が人員増加への対応であった場合、スペースを十分に確保した内装にしなければなりません。

他にも、施設老朽化やコストカットなど様々な目的がありますし、このプランニングによって予算が決定します。

まずは、何の目的でどのような場所に移転するのか、そしてどのような内装を希望するのかを擦り合わせて決めましょう。

 

様々な内装のコンセプト

目的を決めたら、次は内装コンセプトをはっきりさせます。

どのようなコンセプトにするのかによって内装は大きく変化します。

 

生産性

オフィス内装01

生産性の向上のためには、ミニマルな事務所がオススメです。

ミニマルとは、無駄なものを極力排除した、というような意味で用いられます。

デザイナーやプランナーに好んで用いられるこのデザインは、シンプルであるからこそ見て取れるこだわりが特徴です。

業務を行うスペースだけを確保したシンプルな内装です。

 

コミュニケーション重視

オフィス内装02

会議がよく行われるような企業、部署では、社員同士がコミュニケーションを取りやすい空間を作ることが大切です。

会議室だけでなく、ラウンジのようなフリースペースで会議ができる空間もあってもよいかもしれません。

社員同士が対面で話をできる空間を作り出すことが重要です。

 

色々なスペース活用

ワークスペースだけが内装ではありません。

オフィスの隅々にまで気を遣うことで、社員の働きやすさはグンと向上します。

 

福利厚生

オフィス内装03

社員の働きやすさが重視される昨今、事務所にも福利厚生を施すことが求められます。

コーヒーサーバーやお菓子の自動販売機などを置き、社員の休憩時間も充実させることで、業務の効率化も狙うことができます。

内装を考えるうえでリラックススペースの確保は欠かせません。

 

観葉植物等のインテリア

リラックス効果やリフレッシュ効果が期待できる観葉植物を設置するのもおしゃれでトレンドの一つです。

観葉植物にも種類が様々あり、事務所のサイズに合わせて選ぶことができます。

また、オフィスの雰囲気づくりのためのインテリア等を持ち込むことでオフィスの無機質さを無くすことができます。

壁紙や床の色を含めた内装で会社内の雰囲気を作り出しましょう。

 

オフィスの内装のお悩み解決

いかがでしたでしょうか。

内装は事務所の全てと言っても過言ではなく、それだけに決めるのにも苦労するものです。

今回ご紹介した内装を決めるポイント・流れを把握すれば、その悩みは解決されることでしょう。

是非ご参考にしてみて下さい。

名古屋で探す!社員のやる気を引き出すオフィスの内装とは

http://ashita-office.com/office-finishing-1632

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。