賃貸事務所ログ

ブログblog

中小企業必見!今話題のSOHOオフィスのメリットとデメリットとは

中小企業必見!今話題のSOHOオフィスのメリットとデメリットとは

「SOHOオフィス」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか?

中小企業向けのオフィス形態であるという大まかなイメージは掴めていても、詳しいことまでは分からないという方がほとんどのようです。

そこで今回は、オフィスの設立や移転をお考えの方が確認しておきたい、SOHOオフィスのメリットとデメリットを詳しくお伝えしていきます。

SOHOオフィスを活用する前に知っておきたいこと

SOHOオフィスを活用したいときは、以下のような知識を事前に持っておきましょう。

そもそもSOHOオフィスって?

sohoオフィス01

SOHOとは「Small Office Home Office」の略語で、IT事業を展開している10人以下の小規模事業者を指す言葉です。

Home Officeとありますが、住居を伴わず完全にオフィスとして利用している場合もSOHOと呼びます。

具体的には、レンタルオフィスやマンションオフィス、リノベーション物件などがSOHOオフィスとして扱われています。

それらの中でも物件の数が多く、人気が高いのがマンションオフィスです。

マンションオフィスは物件数も多く、立地や間取りなどの希望を反映させやすくなります。

SOHOオフィス・SOHOマンションのメリット

初期コストが安く済む

sohoオフィス02

一般的にオフィスとして賃貸している物件を選んだ場合、入居時に賃料の6~10ヶ月分を保証金として支払わなければなりません。

一方、SOHOマンションの場合は、約2ヶ月分の敷金・礼金のみなので、初期コストを大幅に抑えることができるという利点があります。

綺麗な環境で働ける

sohoオフィス03

SOHOマンションの多くは高級賃貸マンションであり、一般的に貸し出されているオフィスよりも綺麗な場合が多いです。

仕事が深夜まで及ぶ場合はシャワーを浴びて、泊り込めるというのもメリットではないでしょうか。

退去時のコストがかかりにくい

SOSHOマンションはあくまでもマンションであり、住居の劣化は経年変化として捉えられます。

通常の暮らしの中で自然と生まれる劣化程度であれば、マンションのオーナーが負担してくれます。

SOHOオフィス・SOHOマンションのデメリット

電話回線の本数に制限がある

多くの物件で電話回線は2本までしか引けません。

営業やテレアポを主に事業として行う場合は制限があり厳しい場合もあります。

限られたスペースである

キッチンやお風呂など業務自体に必要のない設備も多く、通常のオフィス物件と比べると作業スペースはかなり限られます。

今後増員の可能性がある企業は長期間の拠点として使用することには向いていません。

入居を断られる場合がある

複数の業者が出入りするような業種の場合、近隣住民への迷惑を考慮して、入居を断られる場合があります。

最適なオフィスとして使える可能性

今回は「SOHOオフィス」についてご紹介しました。

利用目的や規模に合ったSOHOオフィスが見つかれば、メリット尽くしになる可能性もあります。

メリットとデメリットを天秤に乗せ、少しでもメリットが大きくなるような物件を探しましょう。

【名古屋】ワークスタイル革命で理想の働き方が叶うオフィスを

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。