賃貸事務所ログ

ブログblog

そんな見積りで大丈夫?事務所の引っ越しにかかる費用を解説

そんな見積りで大丈夫?事務所の引っ越しにかかる費用を解説

事務所の引っ越しはいくらぐらいだと予想していますか?

引っ越し代や新オフィスの賃料だけに目が行きがちですが、他にも事務所の引っ越しにかかる費用があります。

今回は、事務所の引っ越しにかかる費用について解説していきます。

見積もりは正確に!事務所の引っ越しにかかる費用には何がある?

事務所の引っ越しにかかる費用は、どんなものがあるのか理解出来ていない場合、当初思っていた以上にかかるケースもあり予算オーバーしてしまうことも。

今回は忘れがちな事務所の引っ越しにかかる費用も解説します。

1.原状回復費用

事務所の引っ越しにかかる費用1

旧オフィスを元の状態に戻すときにかかる原状回復費用ですが、大体坪単価は2~5万円ほどと言われています。

ただ、60坪を超すような大型の事務所の場合だと、坪単価5~10万円ほどですので、原状回復費用を計算する時は事務所の大きさも見ておいて下さい。

契約残存期間の家賃

明け渡しまでの家賃がかかる場合もあるので気を付けましょう。

[賃料 × 期間/30]で計算してみて下さい。

忘れがちな水道光熱費

忘れがちですが、明け渡しまでの期間の水道光熱費の支払いもあるので気を付けて下さい。

明け渡しまでの間に工事が入った場合、水道光熱費が高くなる可能性もあります。

2.什器などの廃棄処理費

事務所の引っ越しにかかる費用2

大きい物や社用車に乗りきらないものは業者に依頼するかトラックをレンタルする必要があります。

2tトラック一台当たり7~8万円ほどかかります。

ただし、オフィスの契約や業務の形態によって廃棄の仕方が変わることがあります。

また、企業から出たゴミの中には産業廃棄物に当たるものもあるので、何が産業廃棄物かも改めて確かめておきましょう。

産業廃棄物の豆知識

3.引っ越し費用

事務所の引っ越しにかかる費用3

引っ越し費用ですが、社員1人当たり3~5万円程度が相場になっているようです。

資料やオフィス用品、PCなど運ぶ量が多いと費用がかさむので、軽いものや社員達で運べそうなものは社員に手伝ってもらい、引っ越し費用を抑えることをおすすめします。

4.内装工事費

事務所の引っ越しにかかる費用4

オフィス移転時にもっとも費用がかかる内装工事費ですが、坪単価10~40万円前後と言われています。

費用は内装のグレードにもよりますが、自社のブランディングも向上させたい場合は30万円前後必要とされています。

また、内装費が高いと感じた場合は、材料のクオリティを少し下げるだけで費用が抑えられることもあるので、業者の方と良く話し合って決めて下さい。

5.電気・電話・インターネットなどのインフラ工事費

事務所の引っ越しにかかる費用5

インフラ工事費の相場は社員1人当たり5万円~7万円と言われています。

ただ、電気に関してはコンセントの数を増やしたい場合、有資格者の電気工事士に頼まないといけないので、費用がかさむ場合があります。

6.賃料

事務所の引っ越しにかかる費用6

1人当たりに必要な坪数は3~4坪と言われているので、もし20人ほどの企業の場合は大体60~80程度の坪数が必要となりますので、坪数と賃料もしっかり検討して、新事務所を選んで下さい。

それだけでなく、敷金・礼金が必要な場合が大半ですので、全てを含めて賃料の予算立てをしていきましょう。

敷金・礼金が格安の物件を探したい方はこちら

こだわり条件(敷金礼金が格安)で探す

しっかりした見積もりが費用を抑えるカギになる

事務所の引っ越しにかかる費用はいかがでしたか?

意外とコストがかかってしまう事務所の引っ越し代ですが、内装を社員でDIYしたり、引っ越しも社員達で協力したりするなど、少しの工夫で安く出来ます。

まずはどこに費用がかかるかを理解しておき、出来る限り費用を抑えるように取り組みましょう。

引っ越し費用はもちろん、段取り良く引っ越しを行いたい方は以下の記事もご参考にして下さい。
これで完璧!オフィス移転を段取り良く進めるためのツール3選

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。