賃貸事務所ログ

ブログblog

良好な関係を築くために。オフィス移転の際の挨拶とマナー

良好な関係を築くために。オフィス移転の際の挨拶とマナー

オフィスの移転時はいろいろと忙しくて、挨拶回りを忘れてしまうことがよくあります。

オフィスを移転した際は、移転先のオフィスの近くや同じビルの企業様、オーナー様に挨拶が必要です。

今回は良好な関係を築くためのマナーをまとめましたので、参考にしてみてください。

オフィス移転には挨拶やマナーが大事

オフィス移転に限らず何かを始める際には、周囲に何かしらの迷惑をかけることがあります。

そのため初めの挨拶はしっかり行いましょう。

それでは、オフィスの移転先におけるマナーをご紹介いたします。

一般的なマナー

 

一般的なマナー

 

オフィス移転先への挨拶では粗品や手土産を必ず持っていきましょう。

手ぶらで挨拶を行う方もいるようですが、それはマナー違反です。

訪問先も忙しい中、あなたの挨拶を聞くという相手の立場も考慮しなければなりません。

また、両隣やオーナー様はよくお世話になる方々なので、他とは差をつけて少し良いものにするのがポイントです。

粗品や手土産

 

粗品や手土産

 

オフィス移転の際は、一般的に菓子折りで構いません。

年配の方が多いオフィスであれば和菓子、若い方が多いオフィスであれば洋菓子などと、ざっくりと年齢に合わせて買うものを決めるのもおすすめです。

オフィス移転の挨拶回りで大事なのは印象を付けることです。

ちょっとした挨拶状やしっかりした包装など少し工夫するだけで、しっかりしている会社だと思ってもらえれば印象も良く映ります。

注意点

 

注意点

 

当たり前のことですが、オフィス移転の挨拶時には必ず名刺を一緒に渡しましょう。

急いでいるときなど忘れがちになってしまうので注意が必要です。

また、時間が合わず不在が続いたとしても直接顔を合わせることが大事ですので、時間が許す限り出向いていきましょう。

初対面では第一印象が大事ですので笑顔で接することを心がけてオフィスへ訪問してください。

挨拶とマナーを押さえてオフィス移転後も快適な業務を

オフィス移転時は周りの方は知らない人が多いと思います。

しかし、オフィス移転時に挨拶回りを行えば、知らない人が知っている人に変わります。

お付き合いをする上でこの差は大きいものですので、オフィス移転の際はしっかり挨拶をしておくことが重要です。

ビジネスはもちろん人生は人と助け合って生きるものです。

取引先でなくても人の縁を大切にしましょう。

以下の記事ではオフィス移転の際のメールについてご紹介していますので、参考になさってください。

オフィス移転の際に取引先に送るべきメールとは【テンプレート有】

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。