賃貸事務所ログ

ブログblog

【新卒営業マン必見】恥をかかないための正しいコートのたたみ方とは

【新卒営業マン必見】恥をかかないための正しいコートのたたみ方とは

会社に入ったばかりの新卒社員だからと言って、ビジネスマナーを知らないままでは恥をかいてしまいます。

とくに冬場に営業などで外回りをする方はコートの扱い方をしっかり把握しておく必要があるでしょう。

ここでは冬場に活用するコート着脱時のビジネスマナーと、正しいたたみ方、コートの保管方法までをご紹介します。

新卒の営業マンはしっかりビジネスマナーを押さえておきましょう!

知ったかぶりはNG!覚えておきたいコートの着脱時のマナーとは

では先にコートの着脱時に気をつけておくべきポイントをご紹介します。

  1. コートはオフィスに入る前のビルの外で着脱する
  2. コートは裏返しにしてたたむ
  3. 待合室などではカバンの上にコートを置く

1.コートはオフィスに入る前の建物の外で着脱する

コートを着用するのは基本的に外にいるときだけです。

企業訪問や顧客訪問の際には、必ずオフィスに入る前の建物の外や玄関でチャイムを鳴らす前にコートは脱いでおくのがビジネスマナーとなっています。

社会人になる前はコートを着たまま大学の教室に入ったり、構内の部屋に入ったりすることが多いと思いますが、社会人としては着たまま入室することはNGになるので気をつけておきましょう。

2.コートは裏返しにしてたたむ

出典:洋服の青山公式ブログ

コートを裏返しにたたむのには2つの理由があります。

1つ目は、コートに付着したチリやほこりなどの外気の汚れを室内に持ち込まないようにするためです。

営業マンなどは基本的に相手を訪問する際に外から中に入ってくるため、外気の汚れをできるだけ中に持ち込まないように心掛ける必要があります。

とくに春などは花粉がコートに付着している可能性が高いので、たたむ前にコートを振ってできるだけ汚れを落としてからたたむと良いでしょう。

コートを裏返しにたたむ2つ目の理由は、コートの表地が汚れないようにするためです。

万が一、手が滑ったりぶつかったりして飲み物がこぼれてしまった場合や、ボールペンのインクが飛んでしまった場合に裏地であれば汚れのダメージを少なくすることができます。

もし汚れたとしてもコートの内側は自分しか見ることがないので、外側が汚れてしまわないように裏返しにたたむのがポイントです。

3.待合室などではカバンの上にコートを置く

出典:洋服の青山公式ブログ

建物の外でコートを脱ぎ、裏返しにたたんだら、次は室内に入室してからのコートの扱い方です。

たたんだコートは基本的に腕にかけて持ち歩きます。

部屋に入室したら先方の一声を待ち、椅子に座った後カバンの上にたたんでおきましょう。

この際、先方にコートかけの使用を勧められればそちらにかけても問題ありませんが、何も指定されない場合は椅子や机の上に置くのはNGです。

また、普段からコートを椅子にかける人も多くいますが、コートの丈によっては床についてしまう場合があります。

さらに椅子での身動きによってコートがずれ落ちてしまう可能性もあり、見栄えも良くありません。

社外でみっともないことをしないように、必ず自身のカバンの上に置くようにしましょう。

コートのたたみ方と自宅での保存の仕方

では次にコートのたたみ方をご紹介します。

コートの正しいたたみ方

  1. コートを脱ぎ、サッと振り汚れを落とす
  2. コートを正面に持ち、肩の部分に手を入れて内側から外側に折り返す
  3. 前身頃と後ろ見頃を合わせる
  4. 上下を半分にして持ちやすくたたみ、腕にかける

基本的にどのコートも同じようにたたむことができるので、内側を外にもって来るのをしっかり意識してたたむようにしましょう。

ご紹介した方法は立ちながらできるたたみ方なので、慣れてくればもたつくことなくスムーズに着脱してたたむことができるようになります。

社内や自宅での保存の仕方

会社での保管

社内ではコートかけがある会社も多いと思いますが、そのような設備がなかったり、共用で上司の方が使用していたりするとなかなか使用することができません。

そのようなときは椅子にかける方法もありますが、先述したように床に落ちてしまう可能性もあるため汚れの原因にもなりかねません。

汚れて見た目が悪くならないように、コートはコンパクトにたたんで机の下やカバンの上に置いておくようにしましょう。

自宅での保管の仕方

会社から帰宅したらまず企業の訪問時と同じように外で軽く汚れを振り落してから部屋に入るのがおすすめです。

その後、シワにならないようにすぐにハンガーにかけておきます。

ただし、着用したコートは水分を含んでいるのですぐにクローゼットにしまわないことがポイントです。

収納する前に必ずコートのお手入れをしてあげてください。

ブラシで細かな汚れを取ったり、含んだ湿気を飛ばすように風通しの良い場所で乾燥させたりしましょう。

そうすることで長くきれいにコートを着ることができます。

クリーニングに出すタイミング

春や秋口、冬と使用する頻度も高いコートですが、クリーニングに出すかどうか迷っている方も多いでしょう。

実はあなたのコートは想像以上に汚れています。

数回しか使用していない、1枚だけ出すのはもったいない、お金がかかってしまう等、の理由でそのまま翌シーズンまで保管してしまう方もいますが、きれいにしていないと生地が傷みやすくシミ汚れや虫食いの原因にも繋がってしまいます。

そのため、とくに汚れや臭いが気にならない場合は、基本的にシーズン終わりに1回出すようにしてください。

汚れが目立つ場合は時間が経ちにくくなってしまうので、すぐにクリーニングに出すことをおすすめします。

もし、自宅で洗濯ができる素材であれば洗濯機で洗ってしまっても構いませんが、シワになりやすいのでアイロンがけができるかどうかも確認した上で洗うようにしましょう。

面倒なときは宅配クリーニングを活用

仕事が忙しくてクリーニングに持って行く暇がない、重たいから持って行くのが面倒、などが理由でクリーニングに出さない方は自宅で発送・受け取りが可能な宅配クリーニングがおすすめです。

送料も最初から無料のところもありますし、総額によって送料が無料になるところもありますので、きちんとお店を選べば負担も少なく済みます。

新卒社会人はコートのたたみ方をマスターして一流の営業マンに

社会人として恥ずかしくないように、基本的なビジネスマナーを習得しておくのがおすすめです。

コート一つをとっても印象は大きく異なるため、しっかりビジネスマナーを把握した上で、お手入れもできる格好いいビジネスマンになりましょう!

スーツを着ることが多い方はこちらの記事も参考にしてください。

冬こそおしゃれに!オフィス内でのスーツの着こなし方5選

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。