賃貸事務所ログ

ブログblog

年末のオフィス掃除は効率的に。成功に導く計画づくりの方法

年末のオフィス掃除は効率的に。成功に導く計画づくりの方法

何かと忙しい年末ですが、ほとんどのオフィスで大掃除を実施するでしょう。

年末の大掃除を抜かりなくスムーズに進めるためのポイントは、事前の準備と計画づくりにあります。

ここでは、年末の大掃除をスムーズに進めるための計画づくりの方法をご紹介します。

1年間のオフィス汚れをキレイに!年末の大掃除に役立つ計画づくりとは

オフィスを掃除する際に、やれるところからやり始めるといった無計画な方法ではいつまでたってもきれいになりません。

オフィスの掃除を始める際はやみくもに始めるのではなく、必ず計画を立ててから取り組むようにしましょう。

オフィスの掃除の計画はできれば一人ではなく2~3人で取りかかると漏れがなくスムーズに行うことができますので、必要に応じて一緒に計画を立ててくれる人を探しておくのもおすすめです。

事前の計画の立て方

事前の計画の立て方

  1. オフィスを掃除する日を決める
  2. オフィスのどこを掃除するかを決める
  3. 当日参加できる人の確認を取り、役割担当を決める
  4. 不用品やゴミの処分方法を決める

1.オフィスを掃除する日を決める

1.オフィスを掃除する日を決める

まず、オフィスの大掃除を行う日程を決めましょう。

年末年始休暇に入る前日にオフィスの社員全員で取りかかるのか、自分のデスク周辺はいつまでに片づけておくのかなど、明確にしておくことで計画性を持って社員が行動することができます。

2.オフィスのどこを掃除するかを決める

2.オフィスのどこを掃除するかを決める

オフィスのどこからどこまでをきれいにするのか、範囲を決めておくことでメリハリをつけることができます。

オフィスを片づけているとあれもこれもと気になる部分が多々出てきますが、必要な部分を優先して取りかかることが重要です。

そうすることで、いつまでたっても終わらないといった問題がなくなります。

また、専門業者に依頼する範囲も分けることができるので無駄なく進めることができます。

3.当日参加できる人の確認を取り、役割担当を決める

3.当日参加できる人の確認を取り、役割担当を決める

実際にオフィスの掃除を行う日程と範囲が決まったらこの日参加できる人数を確認しましょう。

実際に営業で外に出なければならない方や、会議・商談などが入っていて対応が難しいという方もいらっしゃるでしょう。

オフィスの掃除なのでできるだけ全員参加が好ましいですが、他の社員のスケジュール確認を行っておくのがおすすめです。

またスケジュールを案内すると同時にオフィス全体で認識も統一されるため、「そのような話は聞いていない」というような相違がなくなります。

4.不用品やゴミの処分方法を決める

4.不用品やゴミの処分方法を決める

オフィスを掃除していると必ず不要品や粗大ゴミが出てきます。

年末年始はとくにゴミの量も増え、地域ごとに回収日が決められているのでしっかりチェックしておきましょう。

また、オフィスから出た不用品や粗大ゴミは自治体に収集依頼をすることが原則できません。

そのため、専門業者に依頼するなど対策が必要になるので、予めどこの業者に依頼するのか、処分の仕方も考えておくとオフィスから不要な物をスムーズになくすことができます。

年末年始は混む場合があるので手配は事前に行っておくのがベストです。

事前の準備

事前の準備

  • 計画書の作成
  • 道具の準備

上記の計画ができれば、計画書を作って社員全員に配りましょう。

いつ、何時に、どこで、誰が、何をするのかを明確に記載し、誰がどこで何をしているのかを一目見たら分かるようにしておくと、もし来客など何かあった際も困ることがありません。

見る側にとって親切にしてあげると動きもスムーズになります。

また、事前の準備としてオフィスの掃除用品を揃えておくことです。

人数分確保できているか、必要な物を買い忘れていないか、補充するものはないかなどチェックリストを準備しておくと買い忘れを防ぐことができるでしょう。

オフィスの掃除で忘れがちなポイント紹介

オフィスの掃除で忘れがちなポイント紹介

  • エアコン
  • 床の隅
  • 小物のケア
  • 当日仕事をする人用のスペース確保

エアコン

エアコン

エアコンは業者に点検に入ってもらう企業も多いと思いますが、それ以外の企業で定期的にお手入れをしている方はどれほどいらっしゃるでしょうか。

なかなか手を付けにくい箇所でもあるので、冷房や暖房を付ける季節に簡単に済ませている方も多いのでは。

埃を吸い込んでフィルタに多くゴミが溜まっている状態は良くありませんので、細かい部分まで掃除してあげましょう。

床の隅

床の隅

床は髪の毛や食べかす、埃が多く落ちています。

オフィスの大部分を占める床はきれいを維持したい部分になるため念入りに掃除を行いますが、実は壁際や床の隅には埃が溜まったままということがよくあります。

ムラなくきれいにする場合は掃除機をかけた後に隅々まで水拭きするようにしましょう。

小物ケア

小物ケア

来客用のデスク上や受付周りももちろんきれいにしますが、テーブルだけではなく、テーブル上にある小物もしっかり埃を払い、きれいにしておくことを心掛けましょう。

メモや卓上カレンダー、セロハンテープや電話機、配線など意外と埃をかぶっているのでそういった小物のケアも忘れないようにしてください。

当日仕事をする人用のスペース確保

当日仕事をする人用のスペース確保

オフィスにいる全員が参加できるとは限らないため、オフィス内で仕事でのきるスペースを確保しておきましょう。

そうすることで仕事を行う人へ配慮することができます。

社員の人数が多い場合は必ずしも全員が同じ動きをすることはできないため、お互いに協力し合いながら進めるのがスムーズに進めるコツです。

また、電話対応は誰が行うなど事前に決めておくと突発性の業務も難なくこなすことが可能です。

年末は掃除の計画をしっかり立てて快適なオフィスで新年を迎えよう!

年末のオフィスの大掃除の計画づくりについてご紹介しました。

年末の大変なオフィスの大掃除は計画的に進めて効率良く乗り切りましょう!

効率良く進めるコツはこちらでもご紹介していますので参考にしてください。

年末清掃はお手の物!オフィスを効率良くきれいにする5つのコツとは

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。