賃貸事務所ログ

ブログblog

散らかりやすい文房具をスッキリ!片付けに役立つ引き出し収納5選

散らかりやすい文房具をスッキリ!片付けに役立つ引き出し収納5選

付箋やボールペンなど、業務で使うことが多い文房具は細々していているため、収納しづらく散らかってしまいやすいですよね。

気づいたらオフィスのデスクが、文房具まみれになっている方もの多いのではないでしょうか?

そんな文房具の収納にお困りの方へ、今回はスッキリ収納できる引き出し収納をご紹介します。

知っておくと便利!引き出しの文房具収納のコツ

文房具などの細かなアイテムは、片付けを継続できることが大切です。

まずは、引き出し収納のコツを覚えて、常にキレイな状態をキープできるように心がけましょう。

ポイント1.仕切りを作る

ポイント1.仕切りを作る

文房具を収納するときには、まずは”仕切り”を作りましょう。

アイテムごとに住所を決めるイメージで、仕切りに合わせて収納場所を決めていきます。

引き出しの中で文房具が転がったりするのを防いでくれるので、どこに何があるかひと目でわかるように整理整頓できます。

ポイント2.使用頻度で並べる

ポイント2.使用頻度で並べる

文房具を引き出しの中に収納するときには、使用頻度を考えるとベスト!

例えば、よく使用する鉛筆やペンなどはできる限り引き出しの手前に置いておくと取り出しもスムーズです。

逆に、使用頻度の低いものは引き出しの奥に収納しましょう。

使用頻度が低いものは奥、高いものは手前に収納することで、引き出しを全て引っ張り出す回数が減るため効率的です。

ポイント3.中身がわかるように収納する

ポイント3.中身がわかるように収納する

フタ付きのボックスやケースなどには、中身がひと目でわかるようにラベルやテープで印をつけておきましょう。

意外に多いのが、引き出しの中でさらにこまかく収納しすぎて、どこに何が入っているかわからなくなること。

整理整頓はできていても、収納のやりすぎで”使いやすさ”が下がってしまうことは避けましょう。

文房具のスッキリ整理整頓ならおまかせ!おすすめの引き出し収納5選

文房具はペンや付箋、修正テープなどサイズや形が様々なので、収納アイテムや方法にも工夫が必要です。

今回は引き出しの中でスッキリ整頓できる文房具の収納アイテムをご紹介します。

1.メッシュトレイ

1.メッシュトレイ

出典:SPOON

よく使う文房具を引き出しに収納する時は、メッシュトレイがおすすめです。

こちらの収納アイテムは、100円ショップで購入できるためお財布にも優しいですよ。

いくつかの大きさを組み合わせたり、文房具の種類によって使い分けたりするなど、自己流にカスタマイズしちゃいましょう!

気になる方は近くの100円ショップで探してみてくださいね。

商品の詳細はこちら

2.フタ付きケース

2.フタ付きケース

出典:Roomclip

文房具が溢れないように収納したい時は、蓋付きのケースがおすすめです。

こちらの収納アイテムは、はがき用ケースを応用したものです。

本来ははがき用ケースですが、ボールペンやボールペンなどのペン類はもちろん、修正テープや付箋などの小物もまとめてスッキリ収納ができますよ。

自立させた状態での物を出し入れすることも可能なので、引き出し内のスペースに合わせた収納が可能です。

また、コード類や印鑑類など種類別に分けて収納することもでき、ケースにどういった文房具が入っているか分かるようにテープを貼れば、取り出すときも探す手間が省けますよ。

 

商品の詳細はこちら

3.仕切りボックス

3.仕切りボックス

出典:ASKUL

付箋や消しゴムなど細々とした文房具の収納には、仕切りがあるボックスがぴったりです。

仕切り板が自由に動かせるタイプのものだとより便利でおすすめです。

ボックス自体のサイズも色々とあるため、引き出し内の収納スペースに合わせて組み合わせて使えば、スッキリ片付けることができます。

引き出しの中で散乱しがちなクリップや画鋲なども綺麗に片付けられて、引き出し内の整理や片付けをする時も仕切りボックスの出し入れだけで簡単にできるのも嬉しいポイントです。

商品の詳細はこちら

4.細長いタイプのトレイ

4.細長いタイプのトレイ

出典:SPOON

引き出しのちょっとしたスペースや文房具別に収納したい時には、細長いタイプのトレイがおすすめです。

ペンと付箋がスッキリ入るぐらい奥行きがあるため、長さのある文房具もはみ出ることなく収納することが可能ですよ。

また、トレイに取っ手がある場合はそこに名前を書くことで、どういった文房具が入っているかも分かりやすく、スムーズに取り出せます。

100均のカトラリーケースなどを文房具収納に応用してみるのもおすすめですよ。

商品の詳細はこちら

5.文房具別の収納スペースがある収納アイテム

5.文房具別の収納スペースがある収納アイテム

出典:NIKKEI Style

引き出し内を各文房具ごとにこだわって収納したい時は、専用の収納アイテムがおすすめです。

こちらの収納アイテムは、マットとブロックを使って収納スペースを作れる「かたづけマス」。

引き出しの中にポリエチレン製のマットを敷き、マットの四角い切込みに付属のブロックを差し込むだけで、それぞれの文房具サイズに合わせた収納スペースを作ることが可能です。

それぞれの文房具に合わせた収納スペースを確保することによって、一目でどこにあるかが分かりやすく使い勝手も抜群です。

とてもユニークな商品で、引き出し内をスッキリと見せることができるので、人に見られても恥ずかしくない引き出しを作ることができますよ。

商品の詳細はこちら

文房具の片付けはアイテム使いが重要!

散らかっているデスクでは仕事効率も下がってしまうもの。

そのため、仕事効率を上げる意味も込めて、今回ご紹介した引き出し収納をぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

せっかく片付けるなら、デスクが汚れないような仕組みを作りたいですよね。

デスクをきれいに保つ整頓術についてご紹介していますので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

事務所の美しさはデスク周りから!誰もができるおすすめの整理術とは

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。