賃貸事務所ログ

ブログblog

【徹底調査】名古屋にオフィスを構えるメリットとデメリット

【徹底調査】名古屋にオフィスを構えるメリットとデメリット

東京、大阪と並んで三大都市圏の一つである名古屋。

新たに名古屋でオフィスの新設をお考えの企業様も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

では名古屋にオフィスを構えるメリットとデメリットは一体何なのか。

東京や大阪との違いも踏まえながら見ていきましょう。

名古屋の特徴を的確に捉える

名古屋でオフィスを構える前にまずは名古屋の特徴を掴んでみましょう。

同じ日本でも名古屋と東京、大阪では違いはあります。

そうすれば名古屋でオフィスを構えるメリットとデメリットが見えてくるでしょう。

各地へのアクセスが良好

名古屋でオフィスを置くメリットとしてアクセスの良さが挙げられるでしょう。

名古屋は日本の中心部に位置していて移動が便利です。

新幹線を使えば東京まで約1時間40分、大阪まで約50分とそこまで時間はかかりません。

空路でも中部国際空港が名古屋駅から電車で40分のところにあり、非常に便利です。

各地をフットワーク軽く動き回るような企業や、全国的にクライアントを持つ企業にとっては名古屋はメリットの大きい場所ではないでしょうか。

賃料が安い

東京や大阪ではなく名古屋にオフィスを構えるもう一つのメリットとして賃料の安さが挙げられます。

通例として東京にオフィスを構えると、名古屋の2倍の賃料がかかってしまいます。

不動産にかかる経費をなるべく控えたい企業様にとっては名古屋にオフィスを置くメリットは大。

オフィスの賃料にお金をかけるのが難しい場合は名古屋にオフィスを置くと良いでしょう。

名古屋は車社会

車社会の名古屋では、公共交通機関での移動よりも車で移動するという人も多く、営業の際に車を使用する企業も多いです。

 

車が必要になれば駐車場があるオフィスを探さなければいけませんし、駐車場代もかかります。

その分、ガソリンスタンドが多いことや、車で走りやすい道が多いといった特徴もあります。

名古屋でオフィスを構える際にはこのことも頭に入れておくと良いでしょう。

ビジネスの規模が小さい

名古屋は東京に比べて経費がかからない一方で経済規模が小さいことがデメリットとして挙げられます。

名古屋のGDPは約22.5兆円で東京の役157.8兆円と7分の1ほどの規模しかありません。

大阪の45.4兆円と比べても半分とその差は歴然です。

名古屋を拠点にするなら東京、大阪ほどの収益を見込めないということを頭に入れておくと良いでしょう。

企業の現状と将来を考えて最高のオフィスを

ここまで名古屋でオフィスを構えることのメリットとデメリットを述べてきましたが、参考になりましたでしょうか。

会社の規模や予算をしっかりと考えれば名古屋で良いオフィスが見つけられるはずです。

メリット・デメリットを考慮して最高のオフィスを探してみましょう。

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。