賃貸事務所ログ

ブログblog

【必読】オフィスレイアウトを考える時に絶対欠かせない導線とは

【必読】オフィスレイアウトを考える時に絶対欠かせない導線とは

オフィスレイアウトを考える際、導線を考えてレイアウトを組んでいますか?

導線とは、オフィス内の人が流れる道のことで、導線が複雑になると、仕事の効率を悪くするオフィスになってしまいます。

今回は仕事効率をよくする導線が敷かれたオフィスレイアウトをご紹介します。

無理のない導線でオフィスレイアウトを考える

導線を考えるときは、人が通る通路の幅やデスク間の距離など考える必要があります。

今回は、気になる導線の基本レイアウトをご紹介します。

通路の幅

オフィスレイアウトで重要な通路の幅

オフィスレイアウトを考えるときに一番気になるのは、社員が移動する導線ではないでしょうか?

狭すぎると人が通れなくなり、広すぎると無駄な空間を作ってしまい、不格好なオフィスレイアウトになります。

一人が通過するのに必要な幅は、両側が壁もしくは収納家具の場合で800mm、両側が背中合わせのチェアの場合では700mmとされています。

また、人がすれ違うために必要な幅は1350mmとなっていますので、ぜひ参考にして、オフィスレイアウトを組んで下さい。

デスク間の距離

オフィスレイアウトで重要なデスク間の距離

人が異動する導線が決まったら、次はデスク間の距離を決めなくてはいけません。

デスク間を決める際は、背中合わせに座っている人と適度に距離がとれ、背後をスムーズに移動できる距離感を保つことが大切です。

一人で作業している人のスペース幅は、デスクから離れる際の動きを想定して、800mmの幅を確保しましょう。

背中合わせに座っている場合は、デスク作業者二人分のスペース幅も考慮して、デスクとデスクの間は最低1350mmが必要です。

仕事の効率が10倍アップ!オフィスのテーブルの置き方を工夫しよう

コピー機(OA機器)周辺

オフィスレイアウトで重要なコピー機周辺

コピー機周辺のスペースも忘れてはいけません。

コピー機周辺のスペースは、コピーをとる人のためのスペースと、その脇を通り抜ける通路分として、1100mm確保しましょう。
また、デスク回りのスペースと違い、コピーをとる人は、しゃがんだり、腕を動かしたりなどのアクションが必要とされるので、余裕を持たせたオフィスレイアウトがおすすめです。

消耗品の保管場所

オフィスレイアウトで重要な保管スペース

文具や用紙などの消耗品の保管場所も、人の流れを意識することが大切です。

取りやすい場所に保管することも大切ですが、誰でも簡単に補充できる、わかりやすさもポイントです。
スペースに余裕がある際は、オフィスの一角に備品ルームを設置し、人の流れを遮らないオフィスレイアウトにしましょう。

導線からオフィスレイアウトを考える

オフィスレイアウトを決める際に、導線から考えていくと、漠然と考えていたテーブルやコピー機の配置が、どこに置いたらいいのか分かりやすくなります。

オフィスレイアウトを考える際は、導線から考えて、すっきりとした使い勝手のよいオフィスにして下さい。

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。