賃貸事務所ログ

ブログblog

【2020年版】会議室もおしゃれに!今すぐ真似できるポイントをご紹介

【2020年版】会議室もおしゃれに!今すぐ真似できるポイントをご紹介

会議室は、社内だけでなく社外の人も出入りするため、殺風景にしておくよりはデザインにもこだわりたいですよね。

インテリアやオフィス家具の配置を工夫するだけで、高級感と重厚感ある会議室から明るく温かみがある会議室まで様々な雰囲気を演出できます。

そこで今回は、会議室をおしゃれに見せるポイントと実際のコーディネート例を合わせてご紹介します。

知って得する!会議室をおしゃれにするための4つのポイント

会議室をおしゃれにするためには、いくつかのポイントがあります。

ビジネスの場でありながら、快適に過ごすことができる空間はどのように作るのでしょうか?

おしゃれポイント1.コンセプト(軸)を固める

おしゃれポイント1.コンセプト(軸)を固める

会議室をおしゃれにするためには、まず最初にコンセプトを固めることが大切です。

「落ち着いた高級感がある会議室」や「会話しやすいような明るい会議室」など、コンセプトがあるとそれに沿ってレイアウトやオフィス家具選びがスムーズにできます。

もし、会議室のコンセプトを決めずにレイアウトやオフィス家具を考えてしまうと、最終的に統一感のない会議室になってしまいます。

まずは会社やオフィスの雰囲気や方針をもとに軸を決めましょう。

おしゃれポイント2.インテリアに観葉植物を入れる

おしゃれポイント2.インテリアに観葉植物を入れる

会議室を殺風景にしないためのアイテムとして、観葉植物がおすすめです。

観葉植物は、空気を浄化する効果や癒やしの効果があると言われており、オフィスに飾っている企業も多くあります。

緑を取り入れることでおしゃれな会議室に仕上がります。

事務所に癒しを。居心地の良さを叶えるおすすめな観葉植物5選

おしゃれポイント3.配色はニュートラル・カラー

おしゃれポイント3.配色はニュートラル・カラー

会議室をおしゃれに見せるには、インテリアやオフィス家具などの色の配色もポイントです。

家とは違いオフィスのカラーコーディネートとなると初心者には少し難易度が高いですが、色に悩んだ時はニュートラル・カラーがおすすめですよ。

ニュートラル・カラーとは、白や黒、グレーなど彩度がない無彩色のことです。

視界に入りやすいグレーやセピア、白といった中間色を中心にコーディネートすると、小物でのアレンジもしやすいですよ。

また、元々の部屋の色や自社のテーマカラーを使用したコーディネートもおすすめです。

床の色や壁の色との相性を考えてみましょう。

おしゃれポイント4.照明を暖色系にする

おしゃれポイント4.照明を暖色系にする

会議室の照明は、「文字が読みやすいように明るければ良い」ということもありますが、おしゃれに見せるなら照明もアレンジしてみましょう。

例えば、ただの蛍光灯にするのではなく、少しオレンジがかった色やアンティークのような電球などがおすすめです。

暖色の温かみがある明かりになることで、会議室全体の雰囲気も良くなり、居心地の良い空間に仕上がりますよ。

真似したくなる!おしゃれな会議室のコーディネート事例

おしゃれな会議室のポイントを押さえたところで、実際どのようなコーディネートがあるのかも知っておきたいですよね。

今回は数ある企業の会議室中から、おしゃれな会議室の事例を厳選してご紹介します。

1.株式会社モードツー

1.株式会社モードツー

出典:VIS co. ltd.

こちらの会議室は、白色を基調とした開放感あふれるデザインです。

天井や壁は白色で、木の壁も茶色ではなく白に近い木を使われており、床も目の負担にならないようなデザインの色合いをしていますね。

窓も大きく、陽の光がさんさんと差し込んでいるので非常に開放感にあふれており、気持ちよく会議ができそうです。

照明はアクセントカラーで黄色を使用することで、固くなりすぎずポップな印象です。

2.ACTBE Horie

2.ACTBE Horie

出典:HUB of coworking

こちらの会議室はコンクリートで覆われているのが印象的です。

コンクリート=圧迫感のイメージがありますが、天井からのアンティークな照明や黒いカーテンがあることで圧迫感を和らげ、会議室全体を暖かみのある雰囲気に仕上げています。

また、シックな椅子や机などのオフィス家具を配置することで、窮屈さを感じません。

圧迫感や狭さを和らげる工夫が施された、おしゃれな会議室です。

3.サイボウズ

 

3.サイボウズ

出典:サイボウズ

こちらの会議室は、青を基調としたクールな雰囲気を漂わせています。

明るい青色を全面に出すのではなく、少し暗い青色を使うことで長時間居ても目が疲れないよう工夫されています。

また、天井からは和紙でできた球型の電灯が吊り下がっており、事務的な会議室の雰囲気を柔らかくしていますね。

一面がガラス張りにすることで、会議室に居ながらも窮屈さを感じないように設計されたおしゃれな会議室です。

ポイントを押さえて会議室のおしゃれ度をアップしてみませんか?

今回は、おしゃれな会議室にするためのポイントとコーディネート例をご紹介しました。

会議室をおしゃれに見せるためには、配色やインテリアなどのデザインやバランスが大切です。

ご紹介したポイントを参考に、ぜひ会議室をおしゃれに模様替えしてみてはいかがでしょうか。

名古屋のオフィスについて
お気軽にお問い合わせください。

サービスについてご不明な点や、お探しの物件がございましたら、こちらよりお気軽にお問い合わせ下さい。